STRUCTURE 構造

いつまでも変わらない快適な住み心地をご提供するために、建物の確固たる構造、耐久性が追求されています。

基礎構造

先端にリブが施され、摩擦力が高められた既製杭が、地表面から約40m以深にあるN値50以上の固く安定した支持層(細砂及び砂礫層)まで施工され、建物をしっかりと支えます。

ダブル配筋

「Brillia WELLITH文京千駄木」では、主要な床や壁は鉄筋を二重に組み上げるダブル配筋が標準施工されています。ダブル配筋は、シングル配筋よりも高い強度と耐久性をもたらします。

二重天井・二重床

床スラブ厚は約200mm以上確保され、上下階間の遮音性が高められています。また、配管工事などのメンテナンス性を向上させ、将来のリフォームにも配慮されています。

コンクリート耐久性

鉄筋コンクリート躯体の耐久性を充分に高めるため、上図に示す配合条件が採用されています。住宅性能表示制度による構造躯体の劣化対策等級において、最高の「等級3」が取得されています。

外壁厚・戸境壁厚

耐久性・遮音性に配慮された壁構造。外壁厚は約160mm(一部は約180mm)、戸境壁は約200mmの厚みが確保されています。
※一部住戸は乾式遮音壁。

遮音対策

防音対策として建築計画段階で騒音測定が実施され、一般的に室内で快適な暮らしができる許容騒音レベルを目安に、外気音に対する配慮がされています。
※上記の画像は竣工時等の画像となります。
※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。